概要

  1. 「技能実習2号イ(企業単独型)」
    1. 「技能実習1号イ」の活動に従事して技能等を修得した者が、 その技能等を習熟するため、日本の企業等との雇用契約に基づいて、その企業等においてその技能等を要する業務に従事する活動を対象にしています。
      • 「技能実習1号イ」から「技能実習2号イ」へ必ず移行しなければならないわけではない。
      • 「技能実習2号イ」へ移行するには、「技能実習1号イ」で行う活動が移行対象職種に該当するものである必要です。
      • 「技能実習2号イ」へ移行には、技能検定基礎2級合格などの要件があります。

入管法基準省令の適用があります

在留期間更新

  • 必要書類について
    1. 申請人とは,日本での在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを提出してください。
  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. パスポート及び外国人登録証明書・・・・提示
  3. 技能実習の内容,必要性,実施場所,期間及び到達目標(技能実習の成果を確認する時期及び方法を含む。)を明らかにする次の文書
    • 技能実習2号実施計画書(別記様式)・・・・1通
      ※在留資格変更許可申請の際に提出した「技能実習2号実施計画書」の2年目の写しを提出してください。なお,計画の変更がある場合は,その内容を朱書して提出してください。
  4. 技能実習の進ちょく状況を明らかにする文書
    • 技能実習・生活状況等報告書(別記様式)・・・・1通
  5. 実習実施機関と技能実習生との間に締結された技能実習実施に係る契約書の写し・・・・1通
  6. 実習実施機関における労働条件を当該外国人が理解したことを証する文書
    • 労働条件通知書(申請人が理解できる言語で記載され,かつ,申請人の署名があるもの)の写し・・・・1通
  7. 申請人の年間の収入及び納税額に関する証明書・・・・1通
  8. 実習実施機関が現在受け入れている技能実習生名簿(国籍,氏名,生年月日,外国人登録証明書番号,上陸年月日,在留資格,在留期限等を記載した名簿,書式自由)・・・・1通
  9. 身分を証する文書(申請取次者証明書,戸籍謄本等) ・・・・提示
    上記9については,申請人本人以外の方が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(又は外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。
  • このほか,技能実習生の受入れ形態及び修得する技能等によっては,上記以外の資料を求める場合があります。また,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もありますので,あらかじめ,ご承知おき願います。
  • 留意事項
    1. 在留資格に関する手続等の案内については,入国管理局ホームページの「各種手続案内」をご覧下さい。
    2. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    3. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。
ジュウダ行政書士事務所の外国人在留資格申請手続きについて

当事務所では、ご依頼いただいた申請書等を入国管理局へ提出から、
在留カードの取得等をさせていただきます。
お仕事や学校で、昼間に行けない!あの入管の待ち時間が読めない!などなど
みなさまに代わって、当事務所が手続を行ってまいります!