外国人の就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ、建設業許可、宅建業許可、産業廃棄物許可の申請や会社設立など、外国人の雇用から起業、開業のお手続きのサポートを主要業務としている、東京都練馬区の行政書士事務所です。

定住者

日系三世、日本人の実子を扶養する外国人等

Contents

  1. 概要
  2. 犯罪経歴証明書
  3. 定住者:在留資格認定証明書交付申請の場合
  4. 定住者:在留期間更新の場合
  5. 定住者:在留資格変更許可申請

概要

  1. 「定住者」とは法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者をいいます。
    1. 「在留資格変更」にて「定住者」へ変更取得する場合
      • 「日本人の配偶者」の者が、夫との離婚、死別により在留資格を変更する場合
      • 「日本国籍の実子を扶養する外国人」のような場合
        このことにより就労に関する制限がなくなります。
    2. 一般の上陸許可に際して定住者の在留資格を決定できるのは、告示によって定められている次のいずれかに該当する場合に限ります。
      出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の規定に基づき同法別表第二の定住者の項の下欄に掲げる地位を定める件(平成二年法務省告示第百三十二号)
      1. アジア諸国に一時滞在しているインドシナ難民で一定の要件に該当する者
      2. ベトナム在住のベトナム人で、国際連合難民高等弁務官事務所とヴェトナム社会主義共和国との間の覚書に基いて家族との再会のため日本に入国を希望する一定条件に該当する者であって善良な社会人として生活を営む者
      3. 日本人の子として出生した者の実子(前号Bを除く)であって素行が善良な者
        (日系二世及び三世に関する規定)
        • 日本人の孫(三世)
        • 元日本人(日本人の子として出生した者に限る)の日本国籍離脱前の実子である孫(三世)等
      4. 次のいずれかに該当する者(A~Dまで又はHに該当する者を除く)に係るもの。
        1. 日本人の配偶者等の在留資格をもって在留する者で日本人の子として出生したものの配偶者
        2. 1年以上の在留期間を指定されている「定住者」の在留資格をもって在留する者の配偶者
        3. CまたはDに掲げる地位を有する者として上陸の許可、在留資格の変更の許可又は在留資格の取得の許可を受けた者で一年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者であって素行が善良である者
      5. 次のいずれかに該当する者に係る者
        1. 「日本人」、「永住者」の在留資格をもって在留する者又は日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年放置る第七十一号)に定める特別永住者の扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子
        2. 一年以上の在留期間を指定されている「定住者」の在留資格をもって在留する者の扶養を受けて生活する当該者の未成年で未婚の実子
        3. 「日本人」、「永住者」、一年以上の在留期間を指定されている「定住者」の在留資格をもって在留する者の配偶者等の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子
      6. 次のいずれかに該当する者の扶養を受けて生活するこれらの者の六歳未満の養子(A~Dまで、前号又は次号に該当する者を除く))
        1. 日本人
        2. 永住者の在留資格をもって在留する者
        3. 一年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者
        4. 特別永住者
      7. 中国残留孤児等
    3. 特別永住者の子として日本で出生し、出生後引き続き日本に在留する者

入管法基準省令の適用はありません。
※在留中の活動に制限はありません
※在留期間:3年又は1年
※在留期間:3年を超えない範囲内で法務大臣が個々の外国人について指定する期間

  1. 在留期間
    • 法第七条第一項第二号の告示で定める地位を認められる者にあっては「三年又は一年」
    • 上記に掲げる地位以外の地位を認められる者にあっては、三年を超えない範囲内で法務大臣が個々の外国人について指定する期間
  2. まとめ
    申請が多い者のおおよその順
    • 日系人及びその配偶者と未成年の子
    • 定住者として在留する外国人の配偶者
    • 日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者として在留する者等の実子で、その扶養を受ける未成年の子
      (外国人同士の夫婦との間に子があり、その婚姻が破綻して当該子を扶養中に上記の身分を取得したときの未成年の子の資格=連れ子の資格=6号定住者)
    • インドシナ難民
    • 日本人の実子扶養定住(在留資格変更申請)
    • 子供がいないで離婚・死別定住(在留資格変更申請)

犯罪経歴証明書

  • 在留資格「定住者」で入国・在留する日系人の方の入管手続について
  • 2006年3月29日に定住者告示が改正され,4月29日から施行されています。「定住者」として在留しておられる日系人の方やその家族について,入国や期間更新等の際に,本国からの犯罪経歴証明書を提出していただく必要があります。
    1. 対象となる方
      在留資格「定住者」により入国・在留する日系人の方で次の方が対象です。
      1. 日系人
      2. 日系人の配偶者
      3. 日系人の未成年で未婚の実子
      4. 日系人(にっけいじん)の配偶者の未成年で未婚の実子
        ※中国残留邦人の子孫の方については,提出しなくてよい場合がありますので,窓口でお問い合わせください。
    2. 提出するもの
      1. ブラジル
      2. ブラジル連邦警察(POLICIA FEDERAL)及び居住していた州の民事警察(POLICIA CIVIL)などの発行する犯罪経歴証明書
        (2) ペルー
        ペルー国家警察 鑑識局鑑識部犯罪歴証明書発給課(POLICIA NACIONAL DE PERU, DIRECCION DE CRIMINALISTICA, DIVISION DE IDENTIFICACION CRIMINALISTICA, DEPARTAMENTO DE EXPEDICION DE CERTIFICADOS DE ANTECEDENTES POLICIALES)において発行する犯罪経歴証明書
        (3) フィリピン
        フィリピン国家警察(THE PHILIPPINE NATIONAL POLICE)が発行する証明書(PNP DI CLEARANCE)又は(POLICE CLEARANCE)と,フィリピン国家捜査局(NATIONAL BUREAU OF INVESTIGATION)が発行する証明書(NBI CLEARANCE)
        (4) その他
        各国によって,提出する犯罪経歴証明書を決めていますので,窓口でお問い合わせください。

定住者告示の一部改正(2006年3月29日)

  1. 背景
    • 犯罪が相当数発生していること
    • 重大事件が発生し、治安に対する国民の不安が高まっていること
  2. 「素行が善良であること」
    • 日系人
    • 日系人の未成年で未婚の実子
    • 日系人の配偶者
    • 日系人の配偶者の未成年で未婚の実子
  3. 中国残留邦人及びその親族には、「素行善良」要件は課さない
  4. 本国の権限を有する機関が発行した犯罪歴に関する証明書の提出
  5. 日本国以外の国の法令に違反して、懲役、禁固若しくは罰金又はこれらに相当する刑に処せられたことがあること(道路交通法違反に相当する罪による罰金刑を除く)

    (例外)
    • 懲役若しくは禁固又はこれらに相当する刑の執行を終わった日から10年を経過している場合
    • 懲役若しくは禁固又はこれらに相当する刑の執行の免除を得た日から10年を経過している場合
    • 懲役若しくは禁固又はこれらに相当する刑の執行猶予の言渡し又はこれに相当する措置を受けた場合で当該執行猶予の期間若しくはこれに相当する期間を経過している場合
    • 罰金刑又はこれに相当する刑の執行を終わった日から5年を経過している場合
    • 罰金刑又はこれに相当する刑の執行の免除を得た日から5年を経過している場合
  6. 過去に日本に在留したことがある者の場合は、その在留中に日本国の法令に違反して、懲役、禁固若しくは罰金に処せられたことがある場合(道路交通法違反に相当する罪による罰金刑を除く)
  7. 少年法による保護処分が継続中の場合、及び日常生活において違法行為を繰り返すなど

在留資格認定証明書交付申請の場合

外国人(申請人)の方が日系3世である場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方(日系3世)のことです。
    2. 日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを提出してください。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 祖父母(日本人)の方の戸籍謄本又は除籍謄本・・・・1通
    2. 婚姻届出受理証明書(祖父母と両親のもの)・・・・各1通
    3. 出生届出受理証明書(申請人のもの)・・・・1通
    4. 死亡届出受理証明書(祖父母と両親のもの)・・・・各1通
      ※2~4については,日本の役所に届出をしている場合にのみ提出していただきます。
      ※上記1~4は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 申請人が自ら証明する場合
      1. 預貯金通帳残高証明書(申請人名義のもの)・・・・1通
      2. 雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの)・・・・1通
    2. 申請人に代わって滞在費用支弁者が日本にいる場合
      1. 滞在費用支弁者の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書
        (1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)・・・・各1通
        ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
        ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
        ※発行日から3ヶ月以内のものを提出してください。
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 申請人の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
    4. 祖父母及び両親の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    5. 両親及び申請人の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    6. 申請人の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書・・・・1通
      ※6については,認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。
    7. 祖父母及び父母が実在していたことを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:祖父母及び父母の旅券,死亡証明書,運転免許証等)
    8. 申請人が本人であることを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:身分証明書(IDカード),運転免許証,軍役証明書,選挙人手帳等)
    9. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※上記⑨については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

日系2世の方が会社等に勤務している場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「2世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 2世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 2世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【勤務先の会社から発行してもらうもの】
    • 2世の方の在職証明書・・・・1通
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    3. 身元保証書・・・・1通
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日系2世の方が自営業等である場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「2世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 2世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 2世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通

      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。

      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    • 2世の方の確定申告書控えの写し・・・・1通
    • 2世の方の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    3. 身元保証書・・・・1通
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日系2世の方が無職である場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「2世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 2世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 2世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通

      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。

      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    3. 身元保証書・・・・1通
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日系3世の方が会社等に勤務している場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「3世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 3世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 3世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通

      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。

      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【勤務先の会社から発行してもらうもの】
    1. 3世の方の在職証明書・・・・1通
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,3世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 申請人の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
    8. 申請人の方が本人であることを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:身分証明書(IDカード),運転免許証,軍役証明書,選挙人手帳等)
    9. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日系3世の方が自営業等である場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「3世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 3世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 3世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通

      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。

      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 3世の方の確定申告書控えの写し・・・・1通
    2. 3世の方の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
      ※自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,3世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 申請人の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
    8. 申請人の方が本人であることを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:身分証明書(IDカード),運転免許証,軍役証明書,選挙人手帳等)
    9. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日系3世の方が無職である場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
    2. 「3世の方」とは,申請人の夫又は妻のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 婚姻届出受理証明書・・・・1通
      ※1については,日本の役所に届出ている場合にのみ提出して下さい。
    2. 3世の方の登録原票記載事項証明書・・・・1通
    3. 3世の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通

      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。

      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

      ※上記1~3は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,3世の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・1通
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    5. 質問書・・・・1通
    6. スナップ写真(お二人で写っており,容姿がはっきりと確認できるもの)・・・・2~3葉
    7. 申請人の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
    8. 申請人の方が本人であることを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:身分証明書(IDカード),運転免許証,軍役証明書,選挙人手帳等)
    9. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

「定住者」の方が扶養する場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人(お子さん)の方のことです。
    2. 「定住者」とは,「定住者」の在留資格をもって、日本に在留している方のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 「定住者」の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
    2. 申請人の出生届出受理証明書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1通
      ※2については,日本の役所に届出をしている場合にのみ提出していただきます。
      ※上記1~2は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 「定住者」の方が会社に勤務している場合
      1. 「定住者」の方の在職証明書・・・・1通
    2. 「定住者」の方が自営業等の場合
      1. 「定住者」の方の確定申告書の控えの写し・・・・1通
      2. 「定住者」の方の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
        ※自営業の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 「定住者」の方が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・ 適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,「定住者」(申請人の扶養者)の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※身元保証人には,通常,2世の方になっていただきます。
    3. 身元保証書・・・・1通
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に①に押印していただいた場合は,結構です。)。
    4. 理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの,適宜の様式)・・・・1通
    5. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    6. 申請人の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
    7. 祖父母及び父母が実在していたことを証明する公的な資料・・・・・適宜
      (例:祖父母及び父母の旅券,死亡証明書,運転免許証等)
    8. 申請人の方が本人であることを証明する公的な資料・・・・適宜
      (例:身分証明書(IDカード),運転免許証,軍役証明書,選挙人手帳等)

      ※上記6~8は,申請人が日系人である場合のみ必要です。

    9. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日本人の配偶者の方が扶養する場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人(お子さん)の方のことです。
    2. 「日本人の配偶者」とは,日本人の方と結婚し,「日本人の配偶者等」の在留資格をもって日本に在留している外国人の方のことです。
    3. 「日本人」とは,上記日本人の方のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 日本人の方の戸籍謄本・・・・1通
    2. 日本人又は日本人の配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 日本人又は日本人の配偶者の方が会社に勤務している場合
      1. 日本人又は日本人の配偶者の方(収入の多い方)の在職証明書・・・1通
    2. 日本人又は日本人の配偶者の方が自営業等の場合
      1. 日本人又は日本人の配偶者の方(収入の多い方)の確定申告書の控えの写し・・・1通
      2. 日本人又は日本人の配偶者の方(収入の多い方)の営業許可書の写し(ある場合)・・・1通
        ※自営業の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 日本人及び日本人の配偶者の方が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本人(申請人の扶養者)の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの,適宜の様式)・・・・1通
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    5. 申請人の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書(認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。)・・・・1通
    6. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

永住者の配偶者の方が扶養する場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人(お子さん)のことです。
    2. 「永住者の配偶者」とは,「永住者」の在留資格をもって在留している方と結婚し,「永住者の配偶者等」の在留資格をもって日本に在留している外国人の方のことです。
    3. 「永住者」とは,上記「永住者」の在留資格をもって日本に在留している方のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 永住者又は永住者の配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
    2. 申請人の出生届出受理証明書・・・・1通
      ※2については,日本の役所に届出をしている場合にのみ提出していただきます。
      ※上記1~2は,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 永住者又は永住者の配偶者の方が会社に勤務している場合
      1. 永住者又は永住者の配偶者の方(収入の多い方)の在職証明書・・・1通
    2. 永住者又は永住者の配偶者の方が自営業等の場合
      1. 永住者又は永住者の配偶者の方(収入の多い方)の確定申告書の控えの写し・・・1通
      2. 永住者又は永住者の配偶者の方(収入の多い方)の営業許可書の写し(ある場合)・・・1通
        ※自営業の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 永住者及び永住者の配偶者の方が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,永住者(申請人の扶養者)の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの,適宜の様式)・・・・1通
    4. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    5. 申請人の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書(認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。)・・・・1通
    6. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

日本人の方が扶養する場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人(お子さん)のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 「日本人」の方の戸籍謄本・・・・1通
      ※養子縁組事実の記載がない場合には,戸籍謄本に加え養子縁組届出受理証明書の提出をしていただきます。
    2. 永住者又は永住者の配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 日本人の方が会社に勤務している場合
      1. 日本人の方の在職証明書・・・1通
    2. 日本人の方が自営業等の場合
      1. 日本人の方の確定申告書の控えの写し・・・1通
      2. 日本人の方の営業許可書の写し(ある場合)・・・1通
        ※自営業の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 日本人の方が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,「日本人」(申請人の扶養者)の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    4. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

「永住者」,「定住者」又は「特別永住者」の方が扶養する場合

  • 必要書類について
    1. 「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人(お子さん)のことです。
    2. 「扶養者」とは,上記申請人を扶養する「永住者」,「定住者」又は「特別永住者」の方のことです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・・1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)・・・・1葉
    ※申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。
  3. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒・・・・1通
    ※返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載してください。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 扶養者の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出して下さい。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
    2. 申請人の養子縁組届出受理証明書・・・・・1通
      ※2については,日本の役所に提出している場合にのみ提出して下さい。
    3. 扶養者の登録原票記載事項証明書・・・・・1通
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 扶養者が会社に勤務している場合
      1. 日本人の方の在職証明書・・・1通
    2. 扶養者が自営業等の場合
      1. 扶養者の確定申告書の控えの写し・・・1通
      2. 扶養者の営業許可書の写し(ある場合)・・・1通
        ※自営業の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 扶養者が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,申請人の扶養者(「永住者」,「定住者」又は「特別永住者」)の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの,適宜の様式)・・・・1通
    4. 申請人と養子縁組が成立していることを証明する本国(外国)の機関から発行された証明書・・・・1通
    5. 申請人の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・1通
    6. 身分を証する文書等・・・・提示
      ※※上記6については,代理人,申請取次者若しくは法定代理人が申請を提出する場合において,申請を提出することができる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

在留期間更新申請の場合

3世又は配偶者の方が会社等に勤務している場合

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 祖父母(日本人)の方の戸籍謄本又は除籍謄本・・・・1通
    2. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【勤務先の会社から発行してもらうもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の在職証明書・・・・1通
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 祖父母及び両親の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・各1通
    5. 両親及び3世の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・各1通
    6. 3世の方の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書・・・・1通
      ※6については,認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。
    7. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記7については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

3世又は配偶者の方が自営業等である場合

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 祖父母(日本人)の方の戸籍謄本又は除籍謄本・・・・1通
    2. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の確定申告書の控えの写し・・・・1通
    2. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
      ※自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 祖父母及び両親の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・各1通
    5. 両親及び3世の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・各1通
    6. 3世の方の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書・・・・1通
      ※6については,認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。
    7. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記7については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

3世及び配偶者の方が無職である場合

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 祖父母(日本人)の方の戸籍謄本又は除籍謄本・・・・1通
    2. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 祖父母及び両親の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・各1通
    5. 両親及び3世の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・各1通
    6. 3世の方の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書・・・・1通
      ※6については,認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。
    7. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記7については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

3世が被扶養者(親等の扶養を受けている)の場合

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「扶養者」とは,上記3世を扶養する方(通常は3世の親)のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 祖父母(日本人)の方の戸籍謄本又は除籍謄本・・・・1通
    2. 扶養者の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 扶養者が会社に勤務している場合
      1. 扶養者が会社に勤務している場合扶養者の在職証明書・・・・1通
    2. 扶養者が自営業等の場合
      1. 扶養者の確定申告書の控えの写し・・・・1通
      2. 扶養者の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
        ※自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります
    3. 扶養者が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 祖父母及び両親の本国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・各1通
    5. 両親及び3世の方の本国(外国)の機関から発行された出生証明書・・・・各1通
    6. 3世の方の本国(外国)の機関から発行された認知に係る証明書・・・・1通
      ※6については,認知に係る証明書がある方のみ提出して下さい。
    7. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記7については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

3世又は配偶者の方が会社等に勤務している場合(2回目の更新)

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【勤務先の会社から発行してもらうもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の在職証明書・・・・1通
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記4については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。

3世又は配偶者の方が自営業等である場合(2回目の更新)

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の確定申告書の控えの写し・・・・1通
    2. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
      ※自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記4については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。
    3. この申請は,在留期限のおおむね3か月前(在留期間が3か月以内である場合は,在留期間のおおむね2分の1以上が経過したとき)から行うことができますので,余裕を持って申請をしてください。

3世の方及び配偶者のお二方とも無職である場合(2回目の更新)

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「配偶者」とは,上記3世と結婚している夫又は妻のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 3世又は配偶者の方(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記4については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。
    3. この申請は,在留期限のおおむね3か月前(在留期間が3か月以内である場合は,在留期間のおおむね2分の1以上が経過したとき)から行うことができますので,余裕を持って申請をしてください。

3世が被扶養者(親等の扶養を受けている)の場合(2回目の更新)

  • 必要書類について
    1. 「3世」とは,引き続き日本での在留を希望している申請人のことです。
    2. 「扶養者」とは,上記3世を扶養する方(通常は3世の親)のことです。

  1. 在留期間更新許可申請書・・・・1通
  2. 旅券・・・・提示
  3. 外国人登録証明書・・・・提示
    ※3については,申請人本人が申請する際に必要となります。
  4. 【市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの】
    1. 扶養者の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書・・・・各1通
      ※1年間の総所得及び納税状況が記載されたものを提出してください。
      ※上記の証明書については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
      ※また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
      ※1~2については,発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 【職業・収入を証明するもの】
    1. 扶養者が会社に勤務している場合扶養者の在職証明書・・・・1通
    2. 扶養者が自営業等の場合
      1. 扶養者の確定申告書の控えの写し・・・・1通
      2. 扶養者の営業許可書の写し(ある場合)・・・・1通
        ※自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく必要があります。
    3. 扶養者が無職である場合
      1. 預貯金通帳の写し・・・・適宜
  6. 【その他】
    1. 身元保証書・・・・1通
      ※身元保証人には,通常,日本に居住している日本人又は永住者の方になっていただきます。
    2. 身元保証人の印鑑
      ※上記1には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に1に押印していただいた場合は,結構です。)。
    3. 3世の方の犯罪経歴証明書(本国の機関から発行されたもの)・・・・1通
      ※3については,一度も,入管当局へ提出したことがない方のみ,提出していただきます。
    4. 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・・提示
      ※上記4については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-3.htmlを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」をお願いします。

※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります

  • 留意事項
    1. 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付します。
    2. 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て下さい。
    3. この申請は,在留期限のおおむね3か月前(在留期間が3か月以内である場合は,在留期間のおおむね2分の1以上が経過したとき)から行うことができますので,余裕を持って申請をしてください。
ジュウダ行政書士事務所の外国人在留資格申請手続きについて

当事務所では、ご依頼いただいた申請書等を入国管理局へ提出から、
在留カードの取得等をさせていただきます。
お仕事や学校で、昼間に行けない!あの入管の待ち時間が読めない!などなど
みなさまに代わって、当事務所が手続を行ってまいります!

ご相談・ご依頼はこちらへ! TEL 03-6915-6346 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ご依頼・ご相談対応エリア

東京都 練馬区( 光が丘、練馬、江古田他)、杉並区、中野区、新宿区、世田谷区、千代田区 他都内全域 千葉県 市川市、浦安市、船橋市、他全域 神奈川 県横浜市・川崎市 埼玉県に対応しております。
その他、全国出張ご相談に応じます

その他

行政書士は以下の業務を行います。
① 官公署に提出する書類の作成と提出手続き代理
② 権利義務又は事実証明に関する書類の作成
上記の件でご相談に応じます。 会社設立、個人事業開業手続の書類の作成から、各種契約書、内容証明、会計記帳業務等も承ります。

  • ジュウダ行政書士事務所
  • 03-6915-6346
  • info@juda-office.jp
  • 〒179-0072  東京都  練馬区  光が丘 7-3-1
  • 営業時間: 平日 9:00 ~ 18:00
  • 設立
  • 平成20年8月1日

HOME 1
PAGETOP
Copyright © ジュウダ行政書士事務所 All Rights Reserved.