古物許可申請ご利用の流れ

  1. お問合わせ
  2. 打ち合わせ
  3. 申込
  4. 委任状の受取、料金のお支払
  5. 申請書の作成、書類の取得
    約2~3週間後
  6. 書類に署名、捺印
  7. 管轄警察署へ提出
    東京都内当事務所が提出いたします。ご自分で提出する場合は10,500円引きとなります。
  8. 審査
    約1.5ヶ月
  9. 許可

古物商報酬・費用について

古物許可申請報酬 52,500円
古物許可申請法定費用 19,000円

住民票等の取得費用、交通費等の諸費用は含まれておりません。

古物商を取得したその後

  • 古物台帳の設置義務
    台帳の必要事項
    1. 取引の年月日
    2. 古物の品目及び数量
    3. 古物の特徴
    4. 取引当事者の住所と氏名

    この古物台帳の保存期間は3年とされ、これらに違反した場合には6月以下ないし30万円以下の罰金が課せられます。

  • 標識の設置義務について
  • 台帳、標識共に管轄地の古物商防犯組合に行けば買うことができます。
    購入された方が手間が省けると思います。

なお、台帳、標識共に報酬代金には含まれておりません。