4時起床

4才のむすこが、最近ドラえもんを良く見ている。このマンガはぼくが子供の頃(40年以上前)から雑誌「小学校一年生」に載ってたりして、親である我々にも超がつくほど馴染みのあるアニメ。久しぶりに一緒に見てみると、なんかドラえもんの顔が小さくなっているなとかのび太がテレビゲームやってるなとか多少の違和感を感じるのだけど、それよりもお話の内容が、壮大なものになっていてなかなかおもしろい。

SFもので宇宙人と話したり、自然の中に紛れ込んだり、異国の地に出向いたり。。。。ぼくが見ていた頃のドラえもんとは描かれている世界がかなり変わっているなあというのが感想のひとつ。反対に、宿題を楽に片付けてしまおうと考えてみたり、自分は誰と結婚してるんだろうとか、誰でも考えつくけど、実現は無理なことを実現してしまうドラえもんの単純な世界の回が少なっている。

キャラや設定は同じだけど、違うテイストのアニメを見る、虚心坦懐な目で見たほうがよろしいのかもしれん。