4時起床

うちの家電がどんどんデジタル化されてしまっている事に今更気づきました。

長年使った12年ものの太くてでかい東芝製のブラウン管テレビをいよいよ捨てることにしました。

買って3年目ぐらいでリモコンが効かなくなり、その間こどもが生まれると電源スィッチをバチバチONOFFされ、

バンバン叩かれたり、牛乳かけられたり、くしゃみで食材吹き出してぐしゃぐしゃになったりで、

まさに満身創痍の体でも、それでも基本機能は壊れることはない、さすがmade in Japanな製品でございました。

あと、ひょっとすると10年ぐらいは壊れないと思われるぐらい芯は壊れなく優秀なものでした。

そんな愛着のあるテレビを捨てるかと言うと、安くで薄型モニター(テレビではない)を譲ってもらったからです。

電気代は3分の1以下、重さは4分の1、薄さは10分の1。もう申し分ありません。

さて、このテレビの処分ですが、普通はテレビを買うと買ったお店が有料で引き取ってもらうのが王道ですが、

今回は、電気屋さんから購入したわけではありません。どうする?どうする?

ネットで練馬区のサイトを見ると、ありましたありました。

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機:練馬区

そして、ここの「家電リサイクルセンター」へ電話をいれてみると、

ここにつながった、公益財団法人 東京都環境公社:家電リサイクル受付センター 。

そこで手慣れたオペレーターの方に名前・住所・電話番号と「これこれこんなメーカーのこんな製品」と伝えると

はい、「5562円」ですね。一番早くて3日後の引取だとのこと。

安いのか高いのか分からないし、引取も早いのか遅いのかわからないけど、

取り敢えず、もっと時間かかるかと思ったのでよかった。

それで、収集運搬業者から昨日連絡が来て時間の打ち合わせして、今から外に出しに行く段取りです。

でも、これ40kg以上あるし持ちにくくて持てないんだよね。

やっとの力でエレクターシェルフに乗せて、コロつけて下まで持って行くけど。

下ろす時に腰やられないように気をつけなきゃいかんね。