4時起床

3歳の息子が自転車を少し漕げるようになった。もちろん補助輪付き。

購入してから、1年ちょっとようやくコツを掴めたようである。

ちょっとした傾斜でも難しいけれど、こりゃ春ぐらいにはうまく行けるかなと。

まあ、いずれ乗れるようになると思ふから本人にお任せです。

しかし、寒くて練習に付き合うのが億劫なおやじであります。

自分はいつ自転車に乗ったっけ。幼稚園の年長さんぐらいかな?

別にいいのに無理矢理、親に補助輪取られて、当たり前のように補助輪無しに乗れなくて、

何故か父親に星一徹バリに怒られたのが、これまでの人生で一番若い頃に覚えている理不尽な扱い。

まあ、それが言いたかっただけ。

ではでは、

 

読んだ本・・・読んでみて自転車のことより道理に合わない。