5時起床

寒いのに京急品川駅中片隅にある10分1000円カットのお店があったので入る。

毎日この駅使っている人でも逆の端っこしか利用しない人にはわからんようなところにある。

その店長らしき人と切ってもらいながら「ホームの真ん中にお店あったら大変でしょうね」

「そしたら、店広くしなきゃいけないなー」なんて他愛のない話をする。

最近はよく1000円カットのお店利用するけど、

昔ながらの床屋さんであったような他愛のない話をすることも無くなっていたような気がする。

最近は時間に巻かれすぎかも。

たくさん歳は取れる時代だけど気分は早死してしまうんだろうな。