5時半起床

国際郵便なんて、仕事柄、在留資格認定証明書とかよく出すけれどいつも書類。

だから、インボイスなんて書かないし、相手国の関税なんて知ったことでは無いのだけど、

今回、イギリスへEMSで物品を送ってみた(個人利用のもの)。

書類の場合、中2日見れば大抵届くことが多いけれど、今回は通関があるしどれぐらい掛かるのか。

日本郵便は、便利なもので、配達状況がネットでステータスが見られる。

そこで、推移をたまにチェックして、順調に相手国の通関を通過して、さて配達だなと一安心したところ、

「保管」の文字。なにこれ?

日本の場合は、通関を出たらEMSなり日通なり突然届けに来て、

「関税と消費税がかかりまーす、」としれっと言われてその場で払わざるを得ないのだけど、

イギリスは良い所。

配達業者が、「これぐらい関税がかかるけど払う?」と連絡が受取人に通知が行くらしい。

そこで、受取人が同意して払ってくれれば無事、配達完了となるけど、

「そんなに掛かるなら、受け取らん」ってなったらどうするんだろ?

海外向けにもネット販売してる人は冷や汗ものだろな。

今回、ぼくの場合は親族宛なので無事配達完了。

荷物は電話一本で取りに来てくれるし、EMSさまさまであります。

ems